水の上からのメッセージ
プレビュー * 投稿者編集・削除 * 検索 * 閲覧専用ページ
最新の記事 (返信、投稿者編集・削除ができます)
♪ 小さな画像をクリックすると、ぴったりサイズのウィンドウで大きな画像が表示されます ♪
最新の記事の各ページには親記事数で 5 件ずつ表示されています。最新の記事に記録される記事総数は親子合計で 30 件です。 30 件を超えた投稿は 閲覧専用記事 でご覧になれます。
自分の投稿を編集または削除するときには、まず、各記事の右上にある □編集/削除 にチェックマークを入れます。 次に、 ○編集 または ○削除 のどちらかををチェックして、[実行] ボタンを押てください。
[756] 日本海
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE [softbank060143073163.bbtec.net] 2021/7/1/(Thu) 10:14
画像: 小鯖 (32KB)
小鯖 6月30日、日本海の初めての場所へ行ってきました。9時に出艇、表面水温23度、晴れ時々曇り、明日から海水浴場開きですが地元の人によるとお客さんは少ないから出艇はできるそうです。海に出るとベイトは居るのですが小さい群れだけですぐに魚探から消えてしまいます。ベイトの正体は小鯖。群れの上に行けば限りなく釣れます。ちょうどジグと大きさが同じくらいなのでそのまま餌にした方が釣れると思います。他にもゴムボート、カヤックが居ましたがレンコダイ、真鯛、キジハタ、アジでした。この季節、炎天下の昼間は釣れないのですが工夫をして釣っていました。水深80m以上の深い場所へ行けばレンコダイは釣れます。ジグではなくてオキアミが良いそうです。堤防からハマチが釣れているので青物も居るはずですが朝早くだけでしょう。夏場は時にやはり朝一番に出ないと釣れないと思います。初めての場所は魚が居る場所を探すのに時間がかかります。水中の根、かけ上がり等がわかりません。情報収集の一日でしたが久しぶりの海の上が気持ちがよかった一日でした。
[755] 5月6日日本海
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE[h203-091-185-216.user.starcat.ne.jp] 2021/5/7/(Fri) 12:01
画像: イルカの糞 (28KB)
イルカの糞 行って来ました。日本海で釣れませんでした。麻9時半に出艇、べた凪、水温15.5度、風は全くありません。無風なんで沖へ。所が海はイルカの糞でいっぱい。潮目には消化出来なかった魚かイカの腸がいっぱい浮いています。魚探の反応がありません。底付近にイカらしき反応が時々ありますが全く釣れません。真鯛の季節ですがイルカが出てはしばらくはダメでしょう。毎年春は沖にイルカの餌となる魚が居ないために沿岸にやってきます。諦めてお昼に上がってきたカヤックの人は大きな真鯛を釣っていました。朝早くに釣れたそうです。他にも帰ってきた人はカサゴ、イカ、クロソイが釣れていました。私はボウズです。朝早くに出ないと釣果はでません。イルカのいる時もダメです。まあ出られただけで良いとします。次回は反省点を考えて行きます。
(画像の白いモヤモヤがイルカの糞です。)
こう言う日は情報収集です、カヤックの人は他の出艇地にもたくさんいました。カヤックがゴムボートより多くなりました。
[754] 久しぶりの日本海
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE[softbank060143073163.bbtec.net] 2021/4/8/(Thu) 09:07
画像: ほうぼう、ヒラメ (74KB)
ほうぼう、ヒラメ 何か月ぶりに出艇したのだろうか?2021年4月7日の日本海側です。風は2m/sくらいでいい天気でした。最初は沖の方へ、海底にベイトらしき反応がたくさんあります。しかし釣れない、ジグとジグサビキを付けています。しばらくするとジグサビキにケンサキイカが釣れました。ジグではなくサビキにかかっています。メバルの季節なのでメバルでもと思っていましたがうれしい誤算です。胴長30pくらいの良い大きさです。そのあとホウボウ、小さ目のヒラメ2匹、カサゴ、イカは3匹です。真鯛はまだ釣れませんがそろそろ季節だと思います。でもイカはそこら中に居ます。魚探の底付近の反応は全部イカでしょう。サビキはカゲロウの羽のような大きな白い羽が付いたものが良いようです。イカ用のスッテ、エギがあればたくさん釣れると思います。暖かくなって良い季節になりました。春の天候の急変に注意して行ってください。午後、風が強くなって上がりました。久しぶりで気持ちがよく楽しかったです。
[753] 太平洋岸28日
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE[123-1-58-83.stb1.commufa.jp] 2020/10/29/(Thu) 10:23
画像: アカハタ (73KB)
アカハタ 10月28日、ゴムボートの人に釣れる場所を教えてもらいました。しかし出艇地からT時間半もかかります。魚探の反応は魚がいっぱいいます。ベイトは底に居てその上には青物と思われる物がたくさん居ます。でもお昼に到着しては釣れません。朝早くここにいればジアイに間に合って釣れると思います。昼には全く青物は釣れません。一度遊漁船に乗って昼間に青物を釣る方法を勉強しようと思います。釣れるのは30cm位のエソ、ハタはよく釣れます。ジグはタングステンを使い始めました。タングステンは重いので早く底に着きます。風や流れがあってピンポイントで狙う時にはかなり有効だと思います。根、ベイトが小さいとすぐに見失ってしまいます。これも遊漁船で学んだことです。
注)出艇地Mはコロナ対応でバリケードの様にふさいでありますが鉄パイプの間から入ればOKです。(カヤックも通すことが出来ます。)通りかかった管理人の方から許可をもらっています。
ただ、土日の駐車スペースのキャパが足りなくなるかもしれないそうです。そう言う時は少し離れた左右の駐車場を使ってそこから出てくださいと言われました。
[752] 9月16日 日本海
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE[123-1-103-178.stb1.commufa.jp] 2020/9/17/(Thu) 10:34
画像: シロサバフグ (58KB)
シロサバフグ しばらく海に浮かんでいないので欲求不満がたまっていました。予報では風速3m以内、曇りが最初から3m以上で風が強すぎます。9時半に出艇、12時には風が強くなって止めました。釣れるのはサバフグ、でかいエソ、大きなイカが釣れましたがネットに入る直前に逃げられました。水温は魚探の振動し金具が不良で計測出来ませんでしたが25度以上だと思います。風さえ無ければ良い釣果になっていたと思います。
シロサバフグは今の季節よく釣れます。愛知県でも三重県でも市場に出ていますが毒は無いと言われています。(よく似たドクサバフグは毒があります。)まあ、リリースです。食べた事が数回あるのですが淡泊な味です。イカは食べたかったのですが逃げてしまいました。逃がしたイカは大きい。
ここまで来る途中は稲刈りが半分以上終わっていて赤とんぼが飛んでいます。海では今年生まれたばかりの10cm位のトビウオが大きな魚に追われて飛んでいました。秋が始まりました。水温は今が一年で一番高い時です。一緒に帰ってきた二分割ぼボートの人は近い場所でアオリイカの手のひらサイズが一時間に10杯くらい釣れていたそうです。アオリイカは沢山居るようです。
これからが良いシーズンになります。気候変動が大きくなって気象海象がなかなか収まる時間が短くなっています。注意して安全に釣りましょう。


-- AlbumBBS v2.6 ©2000-2003 KB --
Home icons designed by Miyurin & Yukkikki